個性のあるスタッフがそれぞれの事業所で活躍しています。
スタッフひとりひとりが成長でき仕事と生活の調和がとれるよう、「働きやすい・働きがいのある」職場を目指しています。

2023年新卒採用選考について

新卒採用選考フローについてはこちらをご覧ください

新卒採用試験に係る小作文の事前提出について(案内)

新卒採用試験に際し事前に提出いただく小作文の原稿はこちらから印刷してください

新卒採用のエントリーについて

新卒採用の最新情報、説明会や採用試験の日程については、「マイナビ2023」をご覧ください。
エントリーお待ちしております!

職員インタビュー

職業指導員

 「リハビリー・おおぞら」の生活支援員として、個別支援計画の策定やイベント活動の補助、病院寝具や病衣等のクリーニング関連作業の補助業務、施設の作業環境などのサポートをしています。
 年齢を問わず、様々な障がいや個性を持つ利用者の方々と関わるため、日々新しい発見や知識を得ることができて、良い刺激を受けています。 私は人の悩み事を聞くことや相談にのることが好きなので、利用者の方々から相談などを受け、関わりを持てるこの仕事に大きなやりがいを感じています。
 また、利用者の方々が一生懸命に作業している姿を見ると仕事の励みにもなりますし、利用者の方々とともに成長を実感できるところが魅力だと思います。
これからも、皆さんに安心して利用していただけるよう頑張っていきます。

障害福祉サービス事業所リハビリー・おおぞら 生活支援員 中 居 さん北海道文教大学 外国語学部 国際言語学科卒(2021年4月入社)

職業指導員

 「セルプさっぽろ」の職業指導員として、シーツ加工やお菓子箱の組み立てなど、軽作業を中心とした作業指導などを行っています。 様々な障がいを持つ利用者の方々とコミュニケーションを取りながら、作業の方法や工程を工夫したり、わかりやすい説明の仕方を考えたり、試行錯誤の毎日で大変ですが、そこがこの仕事の面白さで、上手くいったときは一瞬で喜びに変わり、その過程を見られることが何より嬉しく思います。
 また、作業指導等で悩んだときは、先輩に相談すると利用者の方々の性格や特徴などを踏まえながら、経験の浅い私にもわかりやすくアドバイスしてくれます。先輩たちのサポートもあり、しっかりと利用者の方と向き合えていることに感謝しています。

障害福祉サービス事業所セルプさっぽろ 職業指導員 木 村 さん札幌国際大学 スポーツ人間学部 スポーツ指導学科(2021年4月入社)

職業指導員

 「美しの森」で生活支援員として、利用者さんの身体状況や精神状況に応じて食事や排泄、入浴などの日常生活での支援を行っています。
利用者さんの生活に一番近い立場で支援させていただけることで、日々の変化や新たな気付きを多く感じることができます。そのため、私自身の課題を見つけ、時には成長を実感できることが、この仕事のやりがいであり魅力だと思います。
 また、利用者さんと一緒になって日常生活の中での困りごとや課題などを解決に向けて取り組むことで、お互いの成長に繋がることや関係性を少しずつ構築できていきます。今では利用者さんのほうから声をかけていただけることが多くなり、とても嬉しく思います。

障害者支援施設美しの森 生活支援員 山 越 さん専門学校北海道福祉・保育大学校 社会福祉学科卒(2020年4月入社)

職業指導員

 「美しの森」で生活支援員として、日中や夜勤帯の生活支援のほか、レクリエーションや個別支援計画の策定などを行っています。最初はわからないこともたくさんありましたが、職員や利用者の方に声をかけてもらい、少しずつですが仕事を覚えることができています。その中で「ありがとう」「頑張っているね」など言葉を言われることもあり、気持ちの支えになるとともに、とてもやりがいを感じる瞬間でもあります。
 今後も利用者の方と共に過ごす時間を大切にして、一人ひとりの特性などを把握し、支援に活かしていけるように取り組み、美しの森を利用する利用者さんが安心して過ごせるよう頑張っていきたいと思っています。

障害者支援施設美しの森 生活支援員 岩 倉 さんせいとく介護こども福祉専門学校 保育士コースこども福祉科卒(2020年4月入社)

 

お問い合わせ

社会福祉法人北海道リハビリー 法人本部事務局人事課