個性のあるスタッフがそれぞれの事業所で活躍しています。
スタッフひとりひとりが成長でき仕事と生活の調和がとれるよう、「働きやすい・働きがいのある」職場を目指しています。

職員インタビュー

職業指導員

 「美しの森」で生活支援員として、利用者さんの身体状況や精神状況に応じて食事や排泄、入浴などの日常生活での支援を行っています。
利用者さんの生活に一番近い立場で支援させていただけることで、日々の変化や新たな気付きを多く感じることができます。そのため、私自身の課題を見つけ、時には成長を実感できることが、この仕事のやりがいであり魅力だと思います。
 また、利用者さんと一緒になって日常生活の中での困りごとや課題などを解決に向けて取り組むことで、お互いの成長に繋がることや関係性を少しずつ構築できていきます。今では利用者さんのほうから声をかけていただけることが多くなり、とても嬉しく思います。

障害者支援施設美しの森 生活支援員 山 越 さん 専門学校北海道福祉・保育大学校 社会福祉学科卒(2020年4月入社)

職業指導員

 「美しの森」で生活支援員として、日中や夜勤帯の生活支援のほか、レクリエーションや個別支援計画の策定などを行っています。最初はわからないこともたくさんありましたが、職員や利用者の方に声をかけてもらい、少しずつですが仕事を覚えることができています。その中で「ありがとう」「頑張っているね」など言葉を言われることもあり、気持ちの支えになるとともに、とてもやりがいを感じる瞬間でもあります。
 今後も利用者の方と共に過ごす時間を大切にして、一人ひとりの特性などを把握し、支援に活かしていけるように取り組み、美しの森を利用する利用者さんが安心して過ごせるよう頑張っていきたいと思っています。

障害者支援施設美しの森 生活支援員 岩 倉 さん せいとく介護こども福祉専門学校 保育士コースこども福祉科卒(2020年4月入社)

職業指導員

 「リハビリー・エイト」で生活支援員として、利用者の皆さんが安心して生活できるよう、病院送迎やレクリエーションなどの生活面でのサポートを行っています。
利用者の方とコミュニケーションを取っていると、日々違った表情を見せてくれるため、毎日新しい発見があり、新鮮な気持ちになります。
 この仕事は、障がいを持つ方の自立に向けたサポートを出来ることが魅力であり、日々の支援の中で気づく力や考える力を養い、課題を修正しながら成長していける、やりがいのある仕事だと思っています。

障害者支援施設リハビリー・エイト 生活支援員 古 谷 さん 札幌国際大学短期大学部幼児教育保育学科卒(2019年4月入社)

職業指導員

 「美しの森」を利用されている利用者の皆さんの入浴や食事など生活面でのサポートを行ったり、個別支援計画の作成やレクリエーション等の行事計画、引率業務などを行っています。
 利用者の方々と日々コミュニケーションをとる事で信頼関係ができ、少しずつ頼ってもらえることが増えてきました。そして、「ありがとう」と言ってもらえた時はとても嬉しく思います。次はどのような支援が出来るだろうかと考えることは、この仕事のやりがいであり魅力だと思います。
 最近では、一人で任せてもらえる支援が出来た事で仕事にやりがいを感じています。

障害者支援施設美しの森 生活支援員 佐 川 さん 札幌国際大学短期大学部幼児教育保育学科卒(2019年4月入社)

求人情報や説明会などの詳細は、マイナビ2021でご覧ください。

 

お問い合わせ

社会福祉法人北海道リハビリー 法人本部事務局人事課