作業服(制服)の導入事業について

掲載日:2019.06.12

以下の通り、競争入札参加者の選定手続きを開始しました。

事業名作業服(制服)の導入事業
事業目的従業員及び利用者の安全衛生の確保や作業環境の向上等を図ることを目的として作業服を貸与する。業務及び生産活動に適した被服を着用することにより、
①事故や怪我、汚染や感染の防止。
②一体感・連帯感の醸成による作業意欲の向上。
③規律性・帰属性のある作業環境の形成。
④製品の品質及びサービスの質の向上と作業効率・生産性向上への期待。
⑤清潔・衛生的な服装の保持による利用者・顧客・外来者等への良好な印象を形成する。
など、働きやすい職場環境を整備する取り組みの一環として実施する。
事業概要各部門職員・利用者に貸与するための被服の購入
 作業服:長袖上衣587着、半袖上衣323着、下衣190着
 介護用ジャージ:上衣38着、下衣38着
 ポロシャツ885着 エプロン121着 キャップ520点 白衣4着  計2706着
※詳細な「仕様書」については、入札参加資格審査後に配布いたします。
事業場所法人が指定する場所
契約方法一般競争入札
公示期間2019年6月12日 ~ 2019年6月25日

詳細は下記ファイルをダウンロードしてご確認ください